瀬戸 馬の目皿

瀬戸馬の目皿 幕末〜明治
直径:約27僉々發機約6僉々眤羞臓約13

相当に使い込まれ、大きくはありませんが
複数の当たり傷やニュウあり。
表裏に釉剥離。
歪みの為、据わりに少々カタつきがあります。
価格 14,000円
数量


古民芸たつの


日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の中にある「用の美」。その中でも日本各地 の陶工たちが生み出した焼物は「民窯」と呼ばれ、その土地の風土に根ざした素朴な 魅力に溢れています。
当店では魅力溢れる品々を現代の暮らしの中にお届けしたいと思っております。

営業日カレンダー

2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
※蚤の市等での販売も並行している為
商品の発送不可日を赤色で表示しています。
Top